格安スマホって何?格安スマホを比較する前に

 

ドコモの月額料金

月々のスマホ料金って高いですよね。そのように感じている人は多いと思います。
携帯料金を安くしたい!
そんな方は格安のスマホに乗り換えるのが得策です。格安のスマホに乗り換えることでのメリットをご紹介します。

料金が安い!

多くの人は三大キャリアを使っていると思いますが、月々で1万円前後の料金がかかっているのではないでしょうか?
電話をよくする、またネットやアプリを頻繁に使うのでデータ通信を多く消費するという人は上記の料金でも仕方がありませんしかし電話もしないしネットなどもあまり使わないという人からすれば上記の料金はどう考えても高いですよね。
そんな人におすすめなのが格安スマホなのです。
従来との料金比較
格安スマホの会社はいくつかあり、いずれも豊富なプランを用意しています。三大キャリアは使い放題プランの一つだけですが、格安スマホとなると通信量に合わせてプランを選択することができます。格安スマホを比較したい方は以下をご参照ください。
もちろん通信量が少なければ少ないほど料金も下がっていくので、普段からネットやアプリを使わない人はお得なのです。

 

料金体系がわかりやすい!

三大キャリアはオプションメニューが多く、加入して月々料金支払わなければならないものがいくつもあります。なので料金がどれだけかかっているかが把握しづらいことがあります。
しかし格安スマホは比較してそのあたりの料金体系が見やすく、わかりやすくなっています。なのでどんな人でも料金をしっかりと把握したうえで契約ができるというわけです。格安スマホには以上のようなメリットがあります。

でも格安スマホってイマイチ分からないんですよね

今のスマホを使用したまま格安スマホに変えたい方もいるのではないでしょうか?
でも、格安スマホ、SIMフリーとか聞くけど、イマイチ分からないという人もいますよね?

 

今はドコモ、AU、ソフトバンクの大手3社が独占していますので、あなたの携帯もこのうちのどれかですよね?

 

携帯電話は、SIMカードがあって、それぞれ3社のSIMカードを携帯本体に入れて使用しています。
そのSIMカードを大手3社以外にすればいいということです。

もっと分かりやすく解説します↓(iPhoneを例にしています)

ドコモのiPhoneを解約する
  ↓
本体が残る。
  ↓
格安SIMを買う。
  ↓
今持ってる本体にSIM入れる。※
  ↓
1,000〜2,000円で今のiPhoneが安く使えるようになる(^^)ニコ
注意)ドコモかAUのiPhoneを使っているのであれば、格安SIMを利用することができますが、ソフトバンクのiPhoneは対応する格安SIMのMVNO業者(格安スマホ会社)がないので残念ながらiphoneは使えません。。。

(※本体を使えるようにするにはSIMロック解除手数料がドコモ、AU、ソフトバンクとも3000円かかります。)
AU(KDDI): http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2015/04/22/1089.html
ドコモ: https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/201104/
ソフトバンク: http://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

 

au・ドコモ・ソフトバンクなどでは、スマホを購入してから約6ヶ月が経てばSIMロック解除をする事ができ、他の携帯電話会社やMVNO(格安SIM)にMNPする事ができます。

 

ただし、格安スマホは、ドコモまたはKDDI(AU)の回線を使用ています。
現在今使っているケータイがどのキャリアかによって変わってきます。

【AU(KDDI)の方】
AUのスマホを使っていた人は、現在は「UQ mobile」「mineo」のみです。
【ドコモの方】
ドコモはAU以外の約10社もの格安スマホが使えます。
【ソフトバンクの方】
自社で回線がありません。なのでソフトバンクで使っている方は格安スマホを買うなら、SIM単体よりもスマホとセットで買いましょう。
(AUのスマホは仮にSIMロック解除したとしても、ドコモの回線とは利用周波数が合わない、といった問題が起きる可能性があるので注意が必要です。)

上記は、SIMカードを買う場合の説明です。

 

格安スマホに乗り換えるには、大きく分けて以下の3つ方法があります。

1)データ専用SIMのみを買う場合、
2)通信付SIMのみを買う場合、
3)スマホとのセットで買う場合、があります。

 

格安SIMはSIM単体でも購入できるし、端末とのセットでも購入できます。
SIMと端末とのセットなら動作の確認が済んでるので、面倒な設定も不要で安心です。

 

たし、格安SIMとセットになっている端末は、防水やおサイフケータイなどの機能に対応しないメーカー製品もあるのでその辺は格安ということである程度目をつぶりましょう。
もしそのような機能が必要なら、選択肢は少なくなります。価格の高い国内メーカーの端末を選ぶが、今使っている大手キャリアの端末に、単体で購入したSIMを挿して使いましょう。

 

もし現在、ガラケーを使っているのなら、通話用にガラケーを残したまま、スマホを2台目としてデータ専用の格安SIMで運用する方法もあります。
SIMのタイプには、データ専用タイプ、音声通話はできないがSMS(ショートメッセージ)が使えるタイプ、音声通話にも対応する全部入りに3つがあります。

 

ここから今売れている格安スマホ各社一覧をご紹介していきますが、それぞれで上記のプランを購入することが可能です。
今のスマホのままで、SIMだけ乗り換えたい人でも、新しくスマホを購入する場合でも、あなたの希望にあったプランを公式サイトより選んでください。

 

あなたのライフスタイルにあった格安スマホを比較してみました。あなたはどれですか?

 

料金が一番安いスマホ

 

データ容量が多いスマホ

 

音声通話が多いスマホ

 

電話番号を変えたくない

 

格安スマホ会社おすすめランキング

格安スマホは今人気急上昇中。各社すでに品切れの機種も出てきています。
在庫がなくなると次回なかなか入ってきませんのでなくなる前に申込みしておきましょう。

 

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天ユーザーには嬉しい格安スマホです。月々のお支払い100円につき、楽天スーパーポイントが1ポイント。楽天市場でのお買い物2倍になります!
ネットを使わない人には月々1250円(高速通信ナシ)。
ネット・アプリを日常的に使用する人には月々1600円です。(高速通信量が2.1GB)
ネット・アプリを日常的に使うに加え、音楽や動画も頻繁に見る人におすすめは月々2150円。(高速通信量が4GB)
最後に通信料をたっぷり使う人におすすめなのが月々2960円。(高速通信量が7GB)
上記のプランはデータ通信のみのプランですが、楽天でんわアプリを通して電話することで、通話料が通常の半分で済んでしまいます。

楽天モバイル

 

mineo(マイネオ)

TONE

月々756円(税込)からスマホが使える【mineo(マイネオ)スマホ】は今人気急上昇の商品です!
月額3,000円以上安くなったという方が多数います。
選べる豊富なプランでデータ容量は500MB、1GB、3GB、5GBとたくさん使いたい方、ちょっとだけ使いたい方、2台持ちたい方など様々な方に合ったプランがあります。
SIMだけ買ってお気に入りのスマホに乗り換えもOK。もちろん端末セットもあります。

 

mineo(マイネオ)

 

Y!モバイル

Y!mobile

桐谷美玲さんのCMで有名なスマホです。他社に比べ料金プランが少なく、わかりやすい料金プランを打ち出してます!最低価格のプランは今なら月々1980円となっています。他社のプランはどれもデータ通信のプランのみとなっていますが、Y!モバイルのプランはデータ通信+音声プランがセットになっています。
・安心のブランドバリュー
・シンプルな料金体系
・ Yahoo! サービスを使う程に特典あり

Yモバイル

 

Tポイント・TSUTAYAのスマホ TONE(トーン)

TONE

TSUTAYAをよく利用している方必見のスマホ TONE(トーン)。TSUTAYAのDVDレンタルが月1回無料になったり、Tポイントが10倍貯まったり(キャンペーンにより異なります)お得なサービス満載です。なんと使うたびに Tポイントが貯まるお得なスマホで、月額1000円から使え、抜群のサポートで初心者も安心のスマホです。
なんだかんだでオプションを付けると高くなるんでしょ!と思っている方は必見です。実際に平均月額1,700円程度で使用している格安スマホです。

 

TONE

 

イオンスマホ

イオンスマホ

シンプルな以下の3プラン
1,350円(通信容量 1G/月)
1,650円(通信容量 6G/月)
2,980円(通信容量 12G/月
今の支払いと比較したい場合はイオン簡単料金シミュレーション
格安スマホは通常、店舗がありませんが、イオンスマホは、お近くのイオンで使い方のサポートも行っています。電話でのサポートも年中無休。
イオンスマホは契約解除料金0円で2年縛りもないので余計に費用がかかることはありません!
LTE対応で、ドコモの回線を使用しているので全国ほどカバーしています。
今使用している番号を引き継ぐことができます。

イオンスマホ

>イオンスマホの詳細はこちら

 

>イオンスマホの体験談はこちら


 

DMM mobile

DMMmobile

DMM mobileは他社に比べ、圧倒的な最低価格のプランを用意。プラン数も他社よりも多く出しているので、幅広い世代にぴったりの会社と言えるでしょう。
まず一番安いプランには660円のものがあります。
・豊富なプランと業界最安価格
・DMM会員1,200万人の会社だからサービスも豊富
・DMMコンテンツがお得です!

DMM

 

UQモバイル

UQモバイル



UQ mobileはauの子会社が提供しているMVNOの一つです。UQ mobileには他のMVNO同様、データ通信のみのプランとデータ通信+音声通話プランのものがあります。まずデータ高速プランについて紹介します。データ高速プランは月々2GBで980円、無制限となると月々1980円の料金がかかります。データ高速+音声通話プランは月々2GBで1680円、無制限では2680円となります。

UQmobile

 

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

 

「OCN モバイル ONE」は、使わない月は月900円、たっぷり使う場合にはつき1800円と毎月自由にコースを選ぶことができます。NTTdokomoのエリアに対応しているので、出張等広いエリアで使いたい方におすすめ!

ocnモバイル

 

U-mobile

U-mobile

一番安いプランとしては790円のものがあります。3GBのものは月々1480円、使い放題のものは2480円となっています。U-CALLと上記のデータ通信プランを利用すれば毎月格安で携帯を使用することができます。
・豊富な対応端末ラインナップ
・驚きの安さでLTE使い放題プラン実現
・「U-CALL」で国内通話が半額

U-mobile

 

>U-mobileの体験談はこちら


実際に格安スマホを買ってみた感想

実際に格安スマホ(カクヤススマホ)を購入してみました。
結論から言うと、全然OK!
申込んで3日ほどで本体が到着し、その日から使用可能です。買ってすぐ使える格安スマホをお探しでも翌々日には発送手配がかかるので急ぎで欲しい人にもうれしいですよね。
カクヤススマホ体験談はこちら↓

 

>ネットで見つけた実際に格安スマホを使っている人の意見はこちら

 

>U-mobleの体験談はこちら

 

>イオンスマホの体験談はこちら

 

格安スマホに乗り換える方法

1)まずSIMロックを解除する。

インターネットで解除の手続きをすれば無料です。携帯ショップで頼めますが3000円(税抜き)がかかります。

 

2)スマホの設定

次に、量販店などで購入した格安SIMを、内蔵されているカードと差し替え、スマホを設定する。
初期設定は自分でしなければいけません。
通信会社の多くは店舗がないので、設定が分からない場合はメールや電話での問い合わせになります。
初期設定を頼める家電量販店もありますが、有料のところもあります。

 

手間がかかる以外の難点の一つは、機能が一部制限されることです。

気を付けること

ドコモなどのキャリアメールは使えなくなる。
ショートメールも通信会社によって利用できない。
また、携帯大手の最近の機種は通話料定額で通話し放題なのに対し、格安SIMの場合、通話時間が長いほど料金がかかる。
通話料は30秒20円程度が多く、1時間で2400円程度。
通話の長い人は割高になる可能性があります。

今はキャリアメール(docomo.ne.jpやezweb.ne.jp、softbank.jpというメールです)が使えなくてもGmail,Yahooメール、LINEやFacebook、チャットワークなどがあるので、キャリアメールはこれからの時代は不要といってもいいかもしれません。
なのでキャリアメールがないからといって不便に感じることはほとんどありません。
ショートメールもほとんど使わないですよね?
通話についてはLINEなどで通話すればかなり抑えられます。

一番安くスマホを利用するには?カクヤススマホ

 

格安スマホを比較してみました。格安スマホでお得な会社ランキング
月々のスマホの料金が高い、もっと安くする方法はないかと考えている人は多いもの。
しかし安くするとなればオプションメニューを削ったり、今のプランよりも安いプランに変えなければなりません。安いプランにするとその分今までのように自由にスマホを使えなくなる可能性もあるので、できれば設定は今のまま安くしたいものですね。安くスマホを利用したいのなら、やはり三大キャリア以外の会社を選ぶことです。Y!モバイル、楽天モバイルなどのMVNOを利用することで毎月の携帯料金を格安にすることができます。MVNOはキャリアよりも多くのプランを用意しています。ですので毎月一定の通信量や通話料しかかかっていないのであれば、MVNOのキャリアで自分に合ったプランを選択した方がいいでしょう。

格安スマホ

通話量少ない人の格安スマホがおすすめ。本体付き格安スマホが欲しい人もおおよその目安をつけて購入してみてください。
このように料金は安くなりますが、機種に関しては店頭よりも少ないでしょう。これもキャリアによってどんな機種を用意しているかが決まりますので、どんな機種を用意しているかも確認しておきましょう。格安キャリアにはたくさんの会社があり、また会社によっても様々なプランを用意しています。事前にどんなプランがあるかを調べておき、自分の毎月の使用状況も確認しておきましょう。
そのうえで自分に合ったプランを選択することで、安くスマホを利用することができますよ。

【格安SIM利用の際の注意点】
・以前の契約を解除する際に解約料が発生する場合も
・初期設定は基本的に自分で行います。量販店などに頼むと有料の場合が多い
・店舗が少なく、不明な点はメールまたは電話で問い合わせ
・通話料は通話時間に応じて増えます。通話することが多い人は割高になることも
・キャリアメールが利用できない(Gmailで十分ですが)
・データ通信の速度が遅い場合があり、場合によってはネットを見る時に不便なことも

 

格安スマホを購入する前に準備するもの

用意するものは以下です。
格安スマホを比較してみました。格安スマホでお得な会社ランキング
・メールアドレスはフリーのアドレスでOK
・本人確認書類の写真は運転免許証をスマホで撮影用意しました。
・MNP予約番号については今回は新規なのでMNP予約番号は不要でした。

 

料金プランは普通に使うなら3GBで十分ですが、通話量少ない人にも格安スマホもデータ容量に応じて選んでみてください。
データ要領の目安としては以下です。

 

格安スマホを比較してみました。格安スマホでお得な会社ランキング

 

さあ申込み!
住所、クレジットカード情報等必要事項を記入。
運転免許証をスマホで撮影しました。その運転免許は裏と表2枚を送ります。
スマホからPCのフリーメールに転送して、PCにダウンロード。その写真を添付して送ります。
故障や盗難の保証プラン、留守電プランなど選択しますが、その辺は月々の料金が上がりますので、自分で必要と思われるものを選択しましょう。

 

申込み完了すると、メールに受領メールが送られています。
申込み時間は30分もせず、これで完了です。

格安SIMの制限なしプラン

格安SIMにはいくつかの会社があり、それぞれでプランは違います。格安SIMにもネットの制限なしプランがありますので、それを利用すればどれだけ使っても定額料金で済みます。いくつかの会社の制限なしプランについて紹介します。b-mobileでは高速通信の無制限プランが1980円となっています。ネットの使い放題プランの中ではとても低い料金設定となっています。次にSkyLinkMobileです。このSIMはエレコムから提供するサービスです。こちらは低速のデーター通信プランしか提供されていません。しかし無制限プランで780円と破格の値段なので、通信速度が遅くても気にしないという人におすすめです。また低速プランを提供しているSIMにはワイヤレスゲートがあります。こちらはSkyLinkMobileよりも少し通信速度が遅くなっていますが、その分料金も安くなっています。月額料金は480円となっており、これで使い放題です。とてもお得ですね。このように制限なしのプランもそれぞれで随分と内容と料金が変わってきます。自分が毎月どれくらい使うのか、また低速通信でもいいかという点を考慮しましょう。低速通信で良ければその分料金も安く済みますよ。

◯SIMとは?
 電話番号を特定するための固有のID番号が記録された
 携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードです。

 

◯SIMロックとは?
 特定の通信事業者のSIMカードしか
 利用できないようにかけられている制限のことです。

 

◯SIMフリースマホとは?
 端末とSIMカードの通信規格や周波数帯、SIMカードの
 サイズが合っていればどのサービスのSIMカードでも利用することが出来ます。

 

◯SIMフリースマホのメリットとは?
 @格安SIMで通信料金を抑えられる
 A通信会社の乗り換えが簡単
 B海外での利用も安く抑えれる
 C売却価格が高い

格安SIM 使い放題

格安SIMというと、月々の料金が安い代わりにネットプランが不足してるんじゃ?と思いますよね。
ネットをあまり使わないのであればそれでもいいのですが、若い世代でネットを頻繁に使う人からすればそれはデメリットになります。そうなれば三大キャリアを使い続けた方がお得だと思いますよね。しかし格安SIMにもネットの使い放題プランがあります。それもいくつもの会社から提供されているので、ネットに関する心配はまずありません。ではここでいくつかの会社の使い放題プランを紹介しましょう。

 

まずはU-mobileです。U-mobileはネットの使い放題プランが2480円となっています。他にも通話+ネットの使い放題プランなどもありますので、電話をよくかける人はそちらのプランがおすすめです。
いずれも3000円以内の月額料金なので、お得に使えますよ。

 

次にUQ mobileです。格安SIMはほとんどがドコモの回線を使用しているのですが、UQ mobileはauの子会社から登場したSIMなのでauの回線を使用しています。こちらはネットの使い放題プランが1980円、電話+ネットの使い放題プランが2680円となっています。

 

これを見てわかるように、各会社はいずれもかなりの低価格で利用することができます。現在三大キャリアを使っている人は、この機会に格安SIMに乗り換えてみてはどうでしょうか?

>格安スマホ比較ランキングに戻る